PLAY BY EAR 音楽教室 (JAPAN) | 所在地: 東京都品川区東品川 | 全年令対象のポピュラーピアノ/ジャズピアノインプロバイゼーションレッスン | P.B.E.S™(コンテンポラリー音楽即興演奏及び聞き取り能力学習シラバス)|  EMAIL:  INFO@PLAY-BY-EAR.JP | TEL: 03-4579-0240  | 営業時間:月曜日-日曜日 10AM-10PM (予約制)

即興演奏を具体的に理解するため、音楽と言語を比較してみます。言語は音楽と同様に表現形態のひとつであり両者は類似しています。言語の形態には、読む事、書く事、聞く事、そして話す事の4つがあり、どんな言語も習得するためには、この4つを学ぶ必要が有ります。どれも重要ですが、まず簡単なコミュニケーションが取れるようにするためには話す事と聞く事が大切です。話すことは同時に自分自身の言葉を通して聞く訓練にもなり、話す事から習い始めるのが言語学習の最善の方法であることがわかります。話す事は音楽では即興的に演奏することにあたります。友人に話をするとき、頭の中にある考えを言葉に表しますが、それは即興的に作られた言葉であって、目の前に「楽譜」を用意して会話をするのではありません。即興性がなければ状況に応じた柔軟性や実用性が損なわれてしまいます。言い換えれば、即興なくしては音楽の独創的な芸術性が損なわれてしまうということです。そして話した内容、つまり即興的に行った演奏を耳を使って音楽的に吟味し演奏に反映する事が「耳で演奏する」ことにつながります。では具体的にはどうしたら即興的な演奏を行う事が出来るのか、即興演奏の流れを言語の「話す」プロセスと比較しながら考えてみましょう。次の文章をみてください。

 

文例 : 「晴れて気持ちのよい天気であったある日の午後、私は自分の傘を持って近所の市場へ捕れたての鮭を買いに歩いて行きました。」

 

一見しただけでは内容が把握できないややこしい文章ですね。この内容をあなた自身が話す場合、自分の言葉でどう表現するか考えてみてください。そしてその作業の中で、どのような思考の手順があるのかを考えてみてください。恐らくこの文章を自分の表現で言い換える前に、最も単純な文形に直す必要があったのではないでしょうか。例えばこんな感じです。

 

文例 : 「私は市場へ魚を買いに行きました。」(簡素化)

 

この単純形が重要なのです。別の例として、あなた自身が保育園の園児であった頃を想像してみてください。言葉の学習では難しい言葉を覚える前に、まず最初に一番簡単な形を先生から教わったと思います。複雑な形では応用が困難になってしまいます。同様に音楽を即興演奏する場合も、あるいは学ぶにあたっても、いずれも曲を最も単純にした形から始める必要があります。幸いそれが楽譜として書かれているものが存在し、フェイクシートと呼ばれています。原曲を隅々まで完全コピーした楽譜とは異なり、即興演奏に必要最小限の形だけが記載され、必要な情報を素早く読み取ることができます。

 

スクール概要

コース

教育方法論

独創性の大切さ

ニュース

ショップ

ビデオ

お問い合わせ

  •  

COPYRIGHT © 2003-2018 PLAY BY EAR (PBE JAPAN)

リンク

フランチャイズ

サイトマップ

講師募集